クックマーニャのあおいもりゲーマーごはん。

ゲーム好き主婦の料理・献立記録と、青い森のうまいもの。

おでかけ・あおいもり〜大間のマグロの話をしようか〜

f:id:mah_nya:20190316230538j:image

『まぐろを釣るんではねぇ、まぐろに選んでもらうんだ…by山崎さん』

 

 

昨晩マグロに賭けた男たち 2019“絆”」という番組がテレビでやってました。

その時は夫がゲームの動画を観ていたんですけど

『「マグロに賭けた男たち 2019“絆”」やってるって!(*゚▽゚*)』

と言って、チャンネル権を獲得しました パチパチ

 

今年の1/28に夫婦で青森県大間へまぐろを食べに行ったので。マグロに選ばれた男たちのロマンを見てみたくて。

いやー、これがとても面白かった。

今日は、前半 その番組の感想

後半は私たちの大間紀行〜オーマの休日〜をアツく書きたいと思います。

 

今回は目次機能を練習がてら使ってみたので、お好きなところからどうぞ

 

 

 

マグロに賭けた男たち 2019“絆”」感想

かなり前からやってるシリーズものらしく、これまでは年末年始でやってたみたいですね。知らなかった。

今年初めて大間に行ったこともあり、興味深く視聴しました。

 

・悲運の漁師 山本さん親子の話

・若手ナンバーワン漁師兄弟の話

 

途中から観て途中で夕食の買い出しに出てしまったので中途半端でしたが

熱い。とにかくアツい。マグロにかける情熱。

アツい一本釣り。私が夫を一本釣りで釣り上げた、その比じゃない。

 

f:id:mah_nya:20190317071659j:image

今年、すしざんまいさんが大間のマグロを3億超で競り落としたのが話題になりましたけど、あのマグロで278kgあったんですって。

青森では、すしざんまいさん視点のよりも釣った漁師さん側からの報道を見られて、面白かったですね。

 

そこまでの大物はなかなかお目にかからないようで

番組の中で釣り上げられていたのは大体70kg〜100kgくらいだったかな。それでも充分大きいです。

見てるうちに、だんだん「あ、これは◯キロくらいかな?」とか予想が付いてくるのも楽しい。

 

特にいろんな意味で心に残ったのはやはり、悲運の漁師 山本さんの話。

ツイッターでトレンドに上がってるのを見ると、一定のファンが付いておられる 漁師の山本さん(65)。

2年間マグロがとれなかったり、様々なトラブルが降りかかったり。

頑固で不器用な、おとうちゃんのドキュメンタリー。

 

ちょっぴりおっちょこちょいで、悲運はその積み重ねなんじゃないかなー(´∀`; )とも誰しもが思うんだけど、どこか憎めない。(ワイヤーが絡まっちゃったり、マグロに体当たりされてうわぁってなってたり)

スタッフさんも思わず口を出してしまうのを「うるさいなキミは」と一喝。

 

飼い猫の名前はピコ太郎。テレビでたまたま見たからだとか。スタッフさんが「じゃあ今年だったらひょっこりはんだったんですか?」と聞くと「それはねぇよ、ひょっこりさんは猫の名前でねぇよ」←なんでや

 

昔はマグロがとれた日はスーパーのお寿司でお祝いしていたけど、今回は大きいのがとれなかったからとお惣菜で済ませ、最後は何故かスナックへ。

助け船を出してくれトラブル時にも協力してくれた息子への(愛ある)ダメ出し。←なんでや

 

いやぁ、確かにこの方は追いたくなるね。なんか頼りないんだけど、応援しちゃうな。

おんとし65歳。いつまでも元気で活躍してもらって、また来年元気なお姿をテレビで見たいものです。

 

 

私たちの大間紀行〜オーマの休日〜

大間のあるところ

青森県をいい感じのとこで十字に4等分すると、私たち夫婦はおおよそ右下らへんに住んでいます。南部地方と呼ばれる中の、三八上北という地域です。地理に疎い方でもわかる感じだと、八戸とか十和田湖とか奥入瀬渓流、「シン・ゴジラ」に出てきた三沢基地とかがある方です。りんごよりは、にんにくの方。

 

大間は下北という地域。上にあるのに、下北。めんどくせぇな

しかもシモキタって響きがサブカル感あってなんかかっこいいし嫉妬よね

行く途中に「横浜(町)」もあるし。関東かここは。

f:id:mah_nya:20190317051639j:image

とにかくその下北の、こうトキントキンのココですわ

あっトキントキンって名古屋弁だったわ

 

ここから大間の話

さて、そんなこと言ってるうちに大間に着きましたよ。

f:id:mah_nya:20190316230557j:image

f:id:mah_nya:20190316230443j:image
f:id:mah_nya:20190316230449j:image

当然のことながら本州最北端推し。
f:id:mah_nya:20190316230459j:image

よく見る撮影スポット。マグロの石像は実物大。でかい。

漁師さんの腕も実物大。ごめんこれは嘘。f:id:mah_nya:20190316230542j:image

白黒の可愛らしい灯台が見えます。(ここには行けません。)

その向こうに見えてる陸は、北海道の函館かな?

北海道近ぇ!と歓喜する、元愛知県民。
f:id:mah_nya:20190316230506j:image

(海は割れません)
f:id:mah_nya:20190316230514j:image

大間の観光シーズンは夏なので、お店の殆どが冬季休業中。人もいない。我々は完全にシーズン外。

お土産やさんは開いていて、お姉さんに聞くと数軒だけは冬場でもやってるらしいけど、開店がゆっくりめだったりするらしい。

 

冒頭のロマンあふれる漁師のおっちゃんのポスターは、お土産やさんのものです。

マグロ製品はもちろんのこと、人気の漁師さんオリジナルグッズとかもありますよ。推し漁師がいたら是非。

 

魚喰いの大間んぞく

そのお土産やさんからほど近いところ

f:id:mah_nya:20190316230546j:image

ここは、開いてました。ありがてえ

我々朝早く到着してほぼシャッターしてたので、お客は我々夫婦だけ。
f:id:mah_nya:20190316230454j:image

店内には大漁旗大漁旗ってキュートなのもあるんですね。
f:id:mah_nya:20190316230553j:image

写真もいっぱいで、注文待ってる間も色々ふむふむと眺めてて飽きない。

 

さて、お待ちどうさま。これが大間のまぐろだよ。
f:id:mah_nya:20190316230520j:image

夫は「3色まぐろ丼(大トロ・中トロ・赤身)」(3400円)
f:id:mah_nya:20190316230550j:image

私は「赤身・脳天丼」(2600円)

脳天はマグロ1匹から2本しか取れない希少部位らしいです。

 

生の大間まぐろは、魚というより…もう肉。生肉。新鮮な生肉を食べているような、濃厚な舌触り。絶対にスーパーの外国産マグロじゃ味わえない衝撃的な感覚。なんだこりゃ。これ、子供の頃から食べてたら他の刺身が食べられなくなるやつだ。


f:id:mah_nya:20190316230525j:image

こちらまぐろの唐揚げ(800円)。熱々のサクサク。

 

これら単体で見てると「高っ」て思うかもしれませんが

八食センターで大間まぐろのサクが1パック4-5万円だったことを考えると、いかにお値打ちかわかるでしょう。

他にはもずくも頼みました。太くてジャキジャキしてて、これもまた美味しい。

ウニはその時取れなかったらしく、無かったです。

 

お店はこちら

oomanzoku.com

 

こちらのマンガも食レポとしてとても参考になりますのでおススメです。

津軽先輩の青森めじゃ飯! | 第20話 大間の本マグロ | マンガクロス

 

浜寿司

お昼は回らないお寿司屋さん「浜寿司」さんへ

(写真はなし)

夫は極上寿司(3300円)私はおまかせ握り(3900円)で。まぐろはもちろん絶品、アワビも入ってるし、潮汁もとても美味しかった。

その時、朝の贅沢で私のお腹がびっくりしたのか、はたまた最北端の冷気に分からされたのか

とてもお腹がピッピしていたので…集中できなかったのです。悔しい。ここはリベンジしたい。

 

お店はこちら

oma-hamazushi.com

 

 そのあと

f:id:mah_nya:20190317065740j:image

f:id:mah_nya:20190317065800j:image

そのあと、道端にある販売所でおうちのお土産用の冷凍まぐろを1パック買い(2千円くらいだったかな)
f:id:mah_nya:20190316230532j:image
f:id:mah_nya:20190316230440j:image

知ってるのとちょっと違うファミリーマートに寄ったり

f:id:mah_nya:20190317065630j:image

ポケモンGOしながらウロウロしたり

(どうやって回すのさ、ここ)

 

f:id:mah_nya:20190317065828j:image

なぜかハワイに想いを馳せたりしながら帰途についたのでした。

 

f:id:mah_nya:20190317045200j:image

オーマの休日、とても楽しかったです!

皆さんも青森に来たら、是非!!